ニュース一覧

桃の節句に欠かせない人形

雛人形

お顔にも特徴があります

雛人形は女の子のすこやかな成長や末永い幸せを願って飾り、桃の節句にお祝いをしますよね。昔は大きな7段飾りの雛人形が飾ってある家もよく見かけました。7段飾りだとなんと15人ものお人形がいてとても豪華です。その次に少ないのが5人飾りです。親王に3人官女を加えた5人で華があってきれいです。一番お人形が少ないのが雛様とお内裏様だけの親王飾りですが、省スペースで飾れるのでマンションやお家が手狭な人でも飾りやすく、とても人気です。お人形にも種類があります。衣装着人形というのは仕立て上げた着物を着ているお人形です。華やかな十二単をまとっていて、お雛様といえばこの衣装着人形をイメージされる方が多いでしょう。現在の市場では衣装着人形の方がやや多いです。もうひとつは木目込み人形といって、お人形の型が出来上がったらその胴体に着物の端を入れ込んでいきます。大きな特徴は、型に沿って衣装を木目込む作業を行うので、型がそのままお人形の仕上がりの形に近いものになっています。雛人形作りは職人の手作りで行われていることが多いですが、職人のデザインがはっきりと出やすいのが木目込み人形の特徴です。独創性の高い作品が多く、気に入ったお顔が見つかるととても可愛らしいです。また、着物が型崩れしにくいので、長く良い状態で保存することができます。母から娘へ受け継ぎたい人にはおすすめです。雛人形は身代わりとも言われ、愛着を持って大事にしていきたいものですよね。気に入ってくれるお人形をぜひ探してみましょう。

Copyright© 2018 ランドセルなら牛革を選ぼう【6年間使い続けられる】 All Rights Reserved.